CM・広告の仕組み

CM撮影から放送までの期間、やるべきことや流れをまとめました

弊社ライズアドバートはテレビCMを主に取り扱う広告代理店です。

今回はCM撮影から放送までの期間、どのようなことを行うのか、どれくらいの時間がかかるのかということについて解説していきたいと思います。

CM放送に必要なCM素材制作と放送枠の獲得

 

CMを放送するのに必要なのは主に二つのことで

  • CM素材制作
  • 広告枠の獲得

です。

CMの素材制作

 

初めてテレビCMを放送する場合はCMそして実際に放送する映像、つまりCM素材を制作をしなくてはいけません。

CMの素材を制作するのは映像制作会社になりますが、テレビCMの場合はCMとして放送するのに映像に様々な規定があります。

それらの規定をきちんと守った上でCM素材を制作することに慣れている制作会社が良いと思いますので、CM制作実績がある制作会社を選んだ方が良いでしょう。

 

CM制作はいきなり撮影から始まるのではなく、まずは絵コンテというものを制作してどのような内容のCMにしていくかというアイデアのすり合わせをしていきます。

段階で様々な案が出てきますので、どのような内容にするのかクライアントである企業様にもいろいろ出していただきます。

広告枠の獲得

 

広告代理店を通じてCMを放送するテレビ局の実際に放送する枠の獲得をしていきます。

広告枠の獲得に必要で、決定しなくてはいけない条件は以下のような内容になります。

  • 放映ご予算
  • 放送エリアとテレビ局
  • 放送時期
  • 放送時間帯
  • 放送期間

これらの内容を広告代理店と相談しながら決めていって、内容が決まり次第、見積もりをするというような形です。

 

作業は多くなってしまいますが映像制作と広告枠の獲得は全く内容が異なりますので同時並行で進めていくことも可能です。

なるべく早くCMを放送したい、という場合は同時並行で進めていくこともあります。

特に決算前でCMを放送したいという企業様の場合はこういったケースが多いですね。

関連記事:CMを税金対策目的で放送する企業もあります

 

撮影までの準備

 

CM撮影までに絵コンテで内容を決めていくというお話をしましたが、絵コンテが最終的に決まったら、まず絵コンテ段階でテレビ局の考査に出すことが多いです。

考査というのは、テレビ局側で行うCMの審査で、視聴者に誤解を与える表現などが使われていないかといった項目が審査されるものです。

テレビCMはどのような内容でも放送できるというわけではありませんので、この考査で修正ポイントなどがあれば指摘が入ります。

 

映像が出来上がってしまってから修正となると余計な追加料金がかかってしまうことがありますので、絵コンテ段階で一度考査にかけておくというわけです。

もちろん映像が出来上がった段階でもう一度考査は必要になります。

 

医療系や健康に関わるものに関しては考査が厳しくなる傾向がありますので、この段階で少し時間がかかると思っておいた方が良いでしょう。

また内容によってはCMが放送できないというものもあります。

関連記事:テレビCMを出稿するときに知っておきたい業界ルール

 

放送するまでの準備

 

実際にCMの撮影があってからCMが放送するまでですが、基本的に撮影があってから編集になりますので編集にそこそこの時間がかかります。

一週間や二週間などで編集が終わることもありますが、内容によっては編集に数ヶ月単位で時間がかかる場合もあります。

 

考査が通らないと放送も出来ませんので、考査の戻しが何度もあったりするような内容だと編集にさらに時間がかかってしまいます。

ちなみに考査をする場合はデータで見られれば大丈夫なのでオンラインでデータを送ることができれば問題ありません。

 

考査の通った完パケ素材(最終的に出来上がった素材)が完成したら、素材を広告代理店を通じてテレビ局に納品します。

HDカムやXDカムなど、テープ現品を納品するというのが一般的ではありましたが、最近ではオンラインで入稿することができるテレビ局も増えてきました。

将来的にはオンラインで素材を搬入するというのが一般的になるようですが、今は過渡期でテープ納品もオンライン納品もどちらも受け付けている局があったり、まだテープ納品しか受け付けられないテレビ局などもあります。

搬入形態は広告代理店に先に聞いておきましょう。

 

テープで納品する場合はテープ自体に素材名やCMコードなどが書かれたラベルが貼り付けられている必要があります。

こういった規定なども細かく決められていますのでやはりCM制作を行ったことがある制作会社に依頼をした方が良いです。

分からないことは広告代理店にも聞いてみましょう。

関連記事:CM制作の基本知識!流れや費用などについて紹介

 

全体のスケジュール

 

CM素材がすぐに完成するのであればCMの広告枠というのは地方局であれば2週間後以降の枠なども取ることができます。

実は広告枠の獲得というのはスポットCMであれば、意外と直前でも大丈夫なんですね。

ただCM素材の考査が通らないことには放送ができないというのと、東京キー局など規模が多いテレビ局の場合は直近の広告枠を取ることが難しい場合もあるので、状況など説明した上で広告代理店に相談してみたほうが良いと思います。

できれば放送の3ヶ月前くらいからは最低でも動き出して、放送の1ヶ月前くらいにテープが納品できる状態になっているのが望ましいです。

その方が安心して進行もしていけるでしょう。

関連記事:CMを放送するまでのスケジュール[CM素材を持っている場合]

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談