テレビ業界の裏話

アナウンサー必須スキル!食リポに求められるポイントって?

番組を見ていてもよく出会うシーン食リポ。

ちなみに食レポと食リポ、どちらの言い方なのか気になる方も多いと思いますが、テレビを見ているとテロップでは食リポと記載されていることが多いですね。

レポートすることもリポートすることも間違いではないので、どちらの言葉も正しいのですが、

テキスト媒体で伝えるのがレポート、言葉(映像)で伝えるのがリポートという棲み分けがある、という考察もあります。

えいぞーさん

今回は食リポでいきましょう!

そんな食リポですが、実際やってみるととても難しいものです。

アナウンサーには必須のスキルになりますが、どのようなことが求められるのでしょうか?

お箸の使い方

映像で見た時にお箸の使い方というのはとても気になるものです。

握り方もそうですが、お箸で料理をわさわさとかき回してしまったり、すくったお料理がこぼれたりすると見栄えがよくありません。

老若男女、たくさんの人がテレビ番組を見ることを考えると、綺麗に食べるということをやはり大切にしなくてはいけないのです。

食べ方が汚いとお料理も美味しそうには見えないですからね。

ちなみに箸の持ち方は演者だけに求められるものではありません。

テレビ番組制作に携わるスタッフになると、未経験の場合は最初はアシスタントディレクターとして働くことになりますが、

アシスタントディレクターには箸上げという仕事があります。

お料理のインサートカットを撮影するときに、箸でお料理を持ち上げる仕事です。テレビ番組を見ているとよく見かけるカットかと思います。

関連記事:箸上げとは?料理を魅力的に見せる演出、ADがやる準備4ステップと裏技

丁寧な言葉遣い

テレビでリポートをする以上、丁寧な言葉遣いはやはり求められます。

アナウンサーが食レポをするのであれば特に大切な部分でしょう。

普段の自分の言葉遣いとはまた違う言葉遣いはしなくてはいけない部分があると思います。

ボキャブラリーも求められるのが食リポです。

関連記事:番組収録時に使われるテレビ業界用語

髪の毛は結んでおく

女性の場合は髪の毛は結んでおくようにしましょう。

食レポの時に髪の毛が食事の中に入ってしまったり、手で髪の毛を抑えたりするのはマナー違反となります。

髪が長い場合は一つにまとめたり、すっきりとした状態で食リポに臨めるようにしておいた方が良いです。

関連記事:テレビ関係の仕事は実は女性の方が向いてる!

一口の量の配分

一口が大きい方が美味しそうに見えるという面もありますが、一方であまりにも量が多すぎると噛んで飲み込むまでに時間がかかってしまい食リポができません。

もちろん口の中に食べ物が入ったまましゃべるわけにはいきませんので、自分が適度に食べられる量を調整する必要があります。

最初のうちは分からないと思いますので自分が食事をする時に食リポだと思って練習をしておくと良いかもしれませんね。

関連記事:ADの仕事!ロケにも色々な種類がある?

食べる時はゆっくり見せる

噛んで飲み込むのは早い方がしゃべりだしも早くなりますが、食べるその瞬間はゆっくり見せた方が美味しそうに見えます。

より食べ物のおいしさが伝わるようにゆっくりと口の中に入れるようにして食リポをしている人は多いです。

テレビでやっている食料を注意深く研究してみましょう。

関連記事:ADの仕事、ロケではどんなことをしている?

誤解のない言い回し

誤解を生むような言い回しをしてしまうとテレビでは使いづらくなってしまいます。

なるべくストレートな表現で伝わりやすい言葉選びをするということも大切です。

キャラクターを立たせるということを優先するのではなく、あくまで視聴者にとってわかりやすい言葉の選び方をするようにしましょう。

リポートするお料理について情報をあらかじめ入れておいて、紹介できるものは食べる前に紹介できると良いと思います。

関連記事:カメラマンが撮影するロケ、ディレクターが撮影するロケ、何が違う?

なるべく短文で話す

また文章はなるべく短文でわかりやすい文章にするということが大切です。

短文にすることで理解しやすくなるだけでなく、リズム感も生まれます。

例えば英文を思い浮かべてもらえば分かりやすいかと思いますが、

関係代名詞がたくさん使われていて、一文がものすごく長くなっている文章というのは理解するのも一苦労ですよね。

日本語も意識はしていないですがそれと同じで、一文の長さが長くなれば長くなるほど理解は難しくなります。

そのため、テレビなどのリポートではなるべく短文で、シンプルな言い回しで伝えるというのが鉄則となります。

関連記事:街歩き番組のロケ、撮影に許可は必要?公道と私道で違う対応方法。

今回はテレビ番組でよく見る食リポのコツについてお話ししてみました。

ぜひこれらの内容を踏まえて、今度は少し意識をして食リポを見てみてください。

きっとまた違った視点で見られるようになっていると思います。

ABOUT ME
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。


LINE@」からテレビ業界に関する質問を受け付けています。

友だち追加







    テレビ業界への転職を検討している新卒でテレビ業界へ就職したいテレビ業界に関するご質問全般