CM・広告の仕組み

テレビショッピングとテレビCM、どう違う?どっちがおすすめ?

テレビを使って何かしらの商品を売りたい!と思った時に、テレビショッピングを思い浮かべる人は多いと思います。

新型コロナウイルスの影響もあってお家時間が長くなり、テレビショッピングの売り上げも全体的に好調なようです。

 

今回はこのテレビショッピングとテレビを見ていると番組の間に流れるテレビCMの違いについて、テレビCMをメインに扱う広告代理店である弊社ライズアドバートが解説してみたいと思います。

 

テレビショッピングとテレビCMの違い

 

そもそもテレビ番組の間に流れているテレビCMと、番組そのものとして放送されているテレビショッピングと、どのような違いがあるのでしょうか?

尺の長さ

 

テレビショッピングと言うと、30分尺、1時間尺のものを思い浮かべる方が多いと思います。

一つの商品を愛用者の口コミを入れてみたり、スタジオで実際に使ってみたりして深堀りして紹介していますよね。

 

一方テレビCMの場合は一般的には15秒尺、30秒尺のものが多く、放送時間で見ると大体半々くらいの割合になっています。本数で言えば、15秒CMの方が倍くらいの本数ある、ということですね。

 

テレビショッピングも実は5分の枠にで放送したりすることもできますし、実はテレビCMも60秒や180秒といった長尺のものを制作して放送することもできます。

 

どちらにも共通しているのは、制作をする時に表現考査(ひょうげんこうさ)と言って、「視聴者に誤解を与える表現が使われていないか」という審査をされる、ということです。

テレビCMは15秒や30秒のものが多いので考査も比較的楽ですが、30分枠や1時間枠のテレショップ番組の場合ももちろん内容は全て考査されますし、台本の時点から考査をします。そのため尺が長くなればなるほど、この考査も大変になる、というこです。

直さなくてはいけない表現が見つかった場合は修正を入れなくてはいけなくなりますので、企画が立ち上がってから実際に撮影にこぎつけるまでも、テレビショッピング枠だと長くなります。

制作費用も15秒や30秒のCMを作るのに比べると割高になってしまうこともあるので、CMに比べるとやはり手間も費用もかかるのがテレビショッピングだと言えるでしょう。

関連記事:CM制作の見積もり!どういうものにお金がかかるの?

内容の違い

 

テレビショッピングの場合は一つの商品にフォーカスしてそれを深堀りしていくものが多くなります。

一方テレビCMはテレビショッピング風に仕上げることもできますし、ブランディング向上のためのドキュメンタリー風にしたり、少しエンタメ風な演出をしてみることもできます。

尺が短いのもあって色々なパターンを作ってみた上で反響を見るためにABテストをする企業もありますね。

 

例えば商品が今までにないような画期的なもので、使い方が複雑なものや、説明をした方がわかりやすいものに関してはテレビショッピングで時間をかけて掘り下げて行った方が魅力を十分に伝えることができるでしょう。

シンプルな商品に関しては30分の枠は少し長くなってしまうので、内容を考えるのも大変になるかもしれません。

関連記事:CMの内容はどんなものにしたらいい?どういうタイプのものがあるか解説!

 

放送枠の違い

 

テレビショッピングの枠に関しては、実は30分の枠や1時間の枠が既に用意されていて、そこが空いていれば購入する、という形になっています。

と言っても、テレビ局や時期によっては、そういった枠がもう埋まってしまっていて、獲得することができない、ということもあります。

 

一方テレビCMの場合は、スポットCMであれば、時間帯を指定してその中でランダムに投下することができます。

放送開始の2週間前くらいまではギリギリにはなりますが搬入が間に合いますので、素材さえあればすぐに放送できるというメリットがあります。

関連記事:CMを放送するまでのスケジュール[CM素材を持っている場合]

 

テレビショッピングのメリット

 

テレビショッピング枠のメリットはなんと言っても「時間をたっぷりかけて、しっかり商品の紹介をすることができる」という点でしょう。

もちろん手間も費用もかかってはしまいますが、30分以上の枠の番組を作るというのは楽しいものでもあります。

商品をどのように売っていったら良いのか、ということを改めて考える良い機会にもなるでしょう。

また、よく見かける「スタジオでのテレビショッピング」という撮影に、もちろん企業の方にもご参加いただけます。

可能なのであれば、社長さんや社員さんが直接紹介する、という内容にしても良いでしょう。

関連記事:CMの撮影ってどんな感じ?現場レポート!

 

初めてテレビ広告をするならスポットCMがおすすめ

 

紹介してきた通り、色々な融通が利くのはスポットCMで、テレビ広告を初めてやる場合には一番やりやすい方法だと思います。

ある程度長期的にテレビ広告を考えているなら、最初はとりあえずスポットCMでやってみる、というのもいいかもしれません。

テレビ広告の全体の流れを掴むことができるからです。

 

とはいえ、もちろんテレビショッピングも初めて広告を打つ企業さまが安心して出稿できるようにサポートするのが広告代理店の仕事です。

ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事:テレビCMの種類!スポットにタイムにSAS、それ以外のやり方も

ABOUT ME
長倉 さやか
長倉 さやか
テレビの広告代理店「ライズアドバート」の長倉です。テレビでCMを打つ、となると身構えてしまう人がたくさんいると思います。でも実はテレビ広告はやり方によっては手軽に、そして楽しく挑戦してみることのできる広告です。テレビの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆していきます。 番組制作を行うライズプランニングではサポートも行っています。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談