CM・広告の仕組み PR

CM考査で改稿依頼になった事例を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

テレビCMを放送する時はテレビ局各局で考査と呼ばれる審査にかける必要があります。

考査がどのようなものなのか、実際に考査の中でNGとなったものにはどんなものがあるのか、ということをテレビCMをメインに取り扱う広告代理店が解説してみたいと思います。

テレビ局考査とはどんなもの

そのテレビ局の考査というのはどのようなものなのでしょうか?

考査というのは各テレビ局で行われる審査のようなもので、

  • テレビCMを放送する企業がきちんとした企業であるかどうかということを審査する業態考査
  • CM映像の中で視聴者に誤解を与えるような表現が使われていないかどうかということを審査する表現考査

の二つの考査があります。

業態考査では主に

  • ご担当者様のお名刺
  • 企業パンフレットやホームページ
  • 登記簿謄本

などが提出資料として求められます。

表現考査は実際のテレビCM映像をテレビ局と共有して、もし誤解を与えるような表現が使われていたり、使ってはいけない表現などが使われていた場合は「改稿依頼」という形で修正の依頼が来ます。

今回はこの表現考査での改稿依頼について、実際にどのような物があったのかということをご紹介していこうと思います。

関連記事:CMの考査って何だろう?を代理店が徹底解説!

視聴者に不快感を与える表現

露骨すぎる表現が使われているテレビCMというのは視聴者に不快感を与える表現として改稿依頼となることが多いです。

例えば暴力シーンを含むようなCM。

特にこれはゲームソフトのCMなどでよく見られる改稿依頼です。

暴力シーンが全く使えないというわけではなくあまりにも全編にわたって使われていると改稿依頼になりやすいかと思います。

ただこのバランスというのはテレビ局によっても違うものです。

CM考査の基準というのは各局で違いますので放送を予定しているそれぞれの局で考査を通す必要があります。

関連記事:CM考査が難しい内容のものはどうやって進めていく?

ニュース風のCM

テレビメディアは防災機関としての役割も担っています。

大きな災害が起きた時や非常事態時、信頼できる情報をなるべく迅速に国民に届けることも大切な役割。

だからこそ、テレビCMと報道は明確に区別されている必要があります。

しかし視聴者の関心を惹きつけるために、これを応用した内容のCMが作られることも多く、これは改稿依頼にとなることが多いです。

ニュースと混同してしまうような紛らわしい音楽、効果音なども改稿依頼となることがあります。

関連記事:CMのイメージキャラクターを起用したい!相場ややり方は?

医療・医薬品関係

  • 医療
  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 医療用具
  • 化粧品
  • 健康食品

など、人体に直接影響を与える可能性のあるものに関しては考査がより厳しくなる傾向があります。

医療機関のCMは出来なくはないのですが、表現には十分な配慮が必要で、基本的には事実のみを伝えることしかできません。

例えば病院の所在地や駅からの距離などをCMにて紹介することは可能ですが、

「痛くない」というような、個人の感じ方によるもの、曖昧な表現になってしまうものはテレビCMでは利用することができないのです。

また、医療機関などの場合は医療広告ガイドラインを参考にしつつCM制作を行なっていく必要があります。

CMの中で医療機関が取り扱っている診療・治療科に、医療広告ガイドラインでは記載が許可されていない科目があり、それが改稿依頼となったケースが過去にありました。

医療系・医薬品系のCMをする時は、テレビCM制作実績がきちんとある制作会社、もしくは医療系のCMの制作実績がある制作会社に制作をお願いした方が、このあたりはスムーズに進められるかと思います。

関連記事:医療広告ガイドラインに沿ったテレビCMを放送するための注意

金融系

不動産や消費者金融系のテレビCMは経済的利益の侵害に結びつく可能性があるので、こちらも考査が厳しくなります。

中には改稿依頼ではなく、そもそもCMができない、ということもありますので注意が必要です。

消費者金融CMの取り扱いに関する放送基準審議会の見解として日本民間放送連盟より以下の規制が行われています。

  • 安易な借り入れを助長する表現の排除
  • 児童・青少年への配慮として放送時間帯の制限
  • 貸付条件の明示
  • 啓発文言の充実
  • URL表示の制限

お金が関わってくるようなCMを放送する場合は、やはり制作会社がそういった実績があるところにお願いするのが良いでしょう。

関連記事:テレビCM制作を初めてする時に決めておくべきこと

産地を誤認させるような表現

テレビショッピングにて販売していた商品ですが、ロケ地が北海道の海鮮市場でした。

視聴者からすると無意識に北海道産と誤認してしまうような作りになっていたわけですが、実際にはロシア産の商品だった、ということがありました。

このケースでは、原産地がロシアであることを表示するよう改稿依頼がでており、全てがボツになってしまった、というわけではありません。

このように、表記さえしっかりしていればOKが出るケースも多くあります。

関連記事:CMの考査基準について、広告代理店が解説します!

えいぞーさん

考査の基準はテレビ局によっても異なります。広告代理店に相談しながら進めていっていただければと思います。

ABOUT ME
長倉 さやか
ライズプランニング(広告部)」の長倉です。広告手段としてのテレビの使い方やテレビメディアの楽しさを多くの人に知ってもらえるように執筆しております。

弊社ウェブサイト








    15秒30秒のスポットCM広告を出したいタイムCMを出したい見積もりが欲しい広告全般のご相談